トーンバイルの口コミと評価

MENU

「トーンモバイルのキャンペーンってお得?」

TONEモバイルってどんなサービス?

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

 

TONEモバイル」というサービスが今話題になっています。TONEモバイルとは、本の販売やCD・DVDのレンタル販売で有名なTSUTAYAのスマホそして格安SIMのサービスのことです。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


 

最近はNTTドコモ、ソフトバンク、そしてauの3大大手携帯キャリアだけでなく、格安スマホや格安SIMを提供している会社がたくさんあります。これらの会社は大手キャリアの通信インフラを使って独自の料金や機能をサービス提供している会社で、その事業のことを「MVNO事業」と読んだりします。

 

簡単に言えば大手の通信インフラを使ってデータ通信や通話サービスを提供している事業がMVNO事業のことです。TONEモバイルもそんなMVNO事業の一つです。

 

TSUTAYAの母体である「CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」などがNTTドコモの回線を利用することで行っている事業です。このMVNO事業の特徴は料金の安さです。

 

「クリエイタ―ズマッチ社」という会社が行った調査によると(回答者は300人)、大手のキャリアのスマホユーザーの月額料金は、実に「月額7,000円以上」と言う人が60%もいました。これは2016円11月時点での調査ですが、つい最近までこうした傾向があったということです。

 

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

 

今でもスマホ代にけっこうな金額を費やしている人はたくさんいます。しかし今注目のMVNOのサービスを使うと、こうした月額料金を一気に節約することが可能です。

 

もちろん大手キャリアと全く同じサービスや機能で価格だけ下げているというわけではありませんが、高速通信などを利用できて月額一定のデータ容量まで1,000円とか2,000円とかで利用できるのでかなり安くなります。TONEモバイルも料金を下げてネットや通話を楽しめるので今注目されているのです。

 

TONEモバイルの料金

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

 

では実際にTONEモバイルの料金プランがどんなものかを見てみましょう。とはいっても実はTONEモバイルには料金プランが一つしかないのでとても明朗料金になっています。「月額基本1,000円(税別)」これだけです。

 

この他のプランはありません。よくスマホの料金プランはいろいろなものがあって、複雑で良く分からないという人がいますが、このシンプルなプランなら迷うことなくこれしか選べないので逆にスマートですね。

 

ではこの1,000円プランで何ができるでしょうか?まず大きなポイントはインターネットが使い放題という点です。これはTONEモバイルの最大にして最強の内容と言っても過言ではないでしょう。

 

多くのMVNOサービスでは、「月に○○GBまで」という風にデータ制限を設けています。そしてもしその容量をオーバーしたら、ネットは使えるのは使えますが、128kbpsといった低速通信に制限されてしまいます。こうなると思う様にネットをサクサク使えなくなるので不便です。

 

その制限が解除されるには基本月末まで待っていないといけません。しかしこの点TONEモバイルならデータ容量を気にせずいくらでも使えてしまうのでとてもリーズナブルです。インターネットだけでなく、TONEは通話にも対応しています。

 

使うのは050IP電話になります。050IP電話は通話料が安いことで知られています。このサービスなら他の人の携帯に電話をかけることができるので、LINEなどデータだけでやり取りできるアプリを使わない相手や、固定電話にかけることが可能です。

 

ちなみに通話料金はこの1,000円プランには入っていません。これは当たり前ですね。かけた分だけ料金はかかってきます。

 

気になる料金ですが、TONE同士や一部の050IP電話サービスの間では無料になります。一般の国内の携帯電話宛の場合は1分あたり21円になります。また国内の一般加入電話宛だと3分で13円です(1分約4.3円)。090通話などですと30秒で20円とかかかってくるので1分あたりだと40円になり、050IP電話の方が安くなる事が分かります。

 

TONEモバイルはたった1,080円(税込の場合)でネットが自由に使え、IP電話で通話もできるのでとてもリーズナブルな料金体系を持っていると言えます。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


 

 

TONEモバイルの通信速度と注意点

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

TONEモバイルはインターネットが使い放題と書きましたが、そうなると気になってくるのはその速度です。データ利用制限があるサービスでは、かなりの高速通信が可能になるのでそれはそれで魅力的ですが、TONEモバイルではどれくらいの速度があるでしょうか?

 

公式サイトによると速度は「500kbpsから600kbps」となっています。これは正直なところを言えば決して速い速度ではありません。Youtubeなどの高画質動画を見る場合はキツイ速度になってきます。

 

しかもこれはあくまで「最大これくらい」という数値であって、必ず常にこの数字が出るわけではありません。実際計ってみて300kbpsくらししか出ていないということもありえます。

 

500kbpsから600kbpsという速度では、では何ができるでしょうか?もしネットサーフィンをするとか、LINEを使う、メールをチェックしたり送信したりする、ということであれば問題なくこなせるくらいの速度です。

 

動画の視聴は低画質のものであれば行える可能性はあります。実際にどれくらいの数字が出るかは通信網の状況はいる場所などによっても変わってくるので断言はできませんが、ライトユーザーには問題ないレベルの速度、というのが無難な意見です。

 

ちなみに通信網が混雑していない時に計測すると逆に「公称の数値よりも高い速度が出る」という声もあります。800kbps以上とか1,000kbps、1,400kbpsを超える場合もあるということで、実際に使ってみると思わぬ高速になることもあるようです。

 

ただ通信網が混んでいればこうした結果は期待できません。さて「500kbpsから600kbps」という数字をもう少し詳しく説明しておくと、これは「1秒間に500キロビットから600キロビットの容量をやり取りできる速度」という意味です。

 

そして「1バイトは8ビット」なので、言い方を変えると、TONEモバイルでは「1秒間に62.5キロバイトから75キロバイトのデータをやり取りできる速度」ということです。

 

最近のネット業界ではキロバイトの約1,000倍のメガバイトとか、さらにその1,000倍ほどのギガバイトという単位でのデータのやり取りをする速度サービスが登場してきています。ですからその中にあってやはりこのTONEモバイルの通信速度は速くはありません。

 

しかし、強調したい点としてあくまでライトユーザーには問題なく使えるレベルとも言えます。スマホを使う人がすべて動画を見まくるわけではありません。見るとしても自宅にいる時だけという人もいますし、外出先でゆっくりスマホをいつも見られるわけでもないでしょう。

 

また外出先でもWiFiにつなげるスポットがあればそこで問題なく高速通信が出来るので(WiFiの速度は500kbpsから600kbpsではない)、それで十分なケースも多々あります。では実際にTONEモバイルを利用している人が感じている速度に関する口コミを見てみましょう。

 

TONEモバイルの速度に関する口コミ

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

まず家計の管理に気を配っているある女性の口コミですが、大手キャリアとTONEモバイルの費用の差を実感したうえでこうも言っています。「実際に使ってみると、大手キャリアのスマホと変わらず、通話やメールに通信障害などはありません。(引用元:https://kakuyasu-smart.com/archives/detail/tone)」。

 

この女性はおそらく動画を常に見たりネットゲームを頻繁に行うヘビーユーザーというわけではないと思われますが、通信速度に関して特に問題点を感じていませんでした。

 

またある男性ユーザーは「まずはじめにデータ通信は無制限にもかかわらず約500〜600kbpsも出ます。これは他社と値段ごと、速度ごとに比較してもかなりいい方だと思います。動画をたくさん見ようと思っている人には向きませんが、子供に持たせる・LINEやメールが中心だ、というような人には最適です。(引用元:https://kakuyasu-smart.com/archives/detail/tone)」と話しています。

 

このユーザーについてはTONEモバイルの速度をそれなりの速度とすら感じていて、やはりライトユーザーとして十分な速度を感じている様子が分かります。

 

もちろん全ての人がネットの速度に満足しているわけではありません。実際他のユーザーは「通話がラインのようにちょっと遅れがあり、その辺は少し残念です。また、通信速度が遅く、ゲームなどを行うには厳しいので、ほぼグーグルマップとライン専用機みたいになっています。

 

欠点は多いですが、例えばゲームは他のタブレットでプレイするなど割り切ることができる人なら、この料金でスマホが持てるというのは素晴らしいと思います。どのみちリセマラなどをするなら、スマホの回線ではまずできないですからね。(引用元:https://kakuyasu-smart.com/archives/detail/tone)」と言っています。

 

やはり前述のように通信を必要とするゲーム利用には向いていないと感じるユーザーがいるということですね。また通話にも若干遅れを感じているようですが、これはTONEモバイルに限らず050IP電話などを使うとありがちなので、この点は多少我慢が必要です。

 

いずれにしてもネットの速度については特段褒めるべきところがあるわけではありまえんが、大きな問題を抱えているわけでもないのでまずまずと言ったところでしょう。もしこの速度でデータ容量の制限があるのなら弱い選択肢にもなりますが、実際は使い放題なので、この点も考えると十分及第点をあげられるサービスです。

 

ちなみに詳細は下の方で書きますが、TONEにはいろいろなオプションサービスがあって、そのうちの一つに「高速チケットオプション」というものがあります。これは使用料金を払って一定期間、一定のデータ容量分通信速度をアップするためのサービスです。

 

具体的には1GBあたり300円の費用がかかります。有効期限は購入日を含めて31日間となります。この期間の間、1GBまでのデータ容量を高速通信でやり取り出来るようになります。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


 

 

TONEモバイルのオプションサービス

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

続いてTONEモバイルのオプションサービスを見てみましょう。「高速チケットオプション」についてはすでに取り上げましたが、他にもいろいろなオプションがあります。

 

TONEモバイルは月額基本料金は1,000円ですが、様々な便利オプションが用意されていて、それを好みや必要に合わせて追加申込することで使える機能を拡張できます。では他のいくつかのオプションサービスをご紹介します。

 

まず「IP電話かけ放題オプション」です。これは読んでそのまま、TONEモバイルでIP電話がかけ放題で使えるようになるオプションサービスです。上記のようにTONEを使ってIP電話をかける場合、相手の電話によっては通話代がかかります。

 

しかしこのオプションを使うと、国内通話が何度でも10分まで無料で使えるようになります。通常利用料金700円がかかるオプションですが、現在キャンペーンにつき、2017年12月利用分まで月額料金500円(税別)で使えるようになっています。

 

しかし申込は2017年5月末日までとなっているので急ぐ必要があります。注意点として、このサービスの対象機種は「TONE m15」という機種のみ対応となっています。

 

この機種については下の方で書きますが、他の機種では使えないので注意しましょう。また通話時間が10分を超えると通常の通話料金が発生してしまうのも忘れないようにしましょう。

 

他のオプションサービスは「SMSオプション」です。こちらは電話番号でメッセージのやり取りができるサービスです。EメールとかSNSのメッセージではなく、090や080や070の番号を使ったショートメールを送りたい人に役立つオプションです。

 

またLINEやFacebook、Twitterなどの利用にも必要となることがあるので、入っておくと便利です。月額料金は税別100円ですから安いです。ちなみに最初の申し込みの時にオプションをつけるのがスムーズでベターです。

 

利用開始後に追加で申込することも可能ですが、1年に1回までの無料SIM交換をしての利用となるので注意しましょう。もしその後に再びSIM交換をする場合は500円かかってしまいます。またSMSは送信料が文字の長さによって3〜30円かかるのも覚えておきましょう。

 

SMSオプションとも関係してきますが、「090音声オプション」というサービスもあります。これは090、080,070から始まる番号を使えるサービスです。MNPというこれまで使ってきた電話番号を引き継ぐサービスがありますが、これを使えるようにするためには必要なオプションです。

 

なお国際ローミングサービスにも対応していて、これらの番号を使って海外から日本とのやり取りをしたり、滞在先国内でやり取りできるようになります。ただし通話料金は割高なうえ、着信にも料金がかかるので注意が必要です。

 

このオプションの月額使用料は953円で、090などの番号を使った国内通話料金は30秒で18円です。MNPサービスが必要とか、どうしても090番号を使いたいというこだわりやニーズがなければ、月額料金も安くないですし通話料金も高いのでこのオプションはすごく需要があるわけではありません。

 

安心オプション」というサービスもあります。これは外出先でWiFiを使えるポイントを増やすのに役立ちます。月額料金は500円ですが、このオプションをつけると全国69,000カ所でWiFiの接続利用ができるようになります。

 

「Wi2」や「BBモバイル」などのポイントが利用可能ですが、具体的な対応ポイントについてはこちらのサイトに詳しいです「http://econnect.jp/tonemobile/servicearea/servicearea.html」。

 

この安心オプションにはさらに万が一の商品の破損や盗難、水濡れ、紛失などが発生した場合にもその修理や交換のサービスを追加費用の支払いなく受けられる特典があります。スマホにまつわるトラブルはよくあるので、心配な人はこのオプションに入っておくと安心です。

 

最後にもう一つオプションを紹介します。それは「TONEファミリーオプション」です。こちらは月額料金0円で利用できます(保護者がTONEを利用していない場合は200円)。

 

このオプションでは、子どもやお年寄りといった保護を必要とする人向けに、スマホの利用状況や利用制限を管理できるオプションサービスです。具体的には家族がどこにいるのかを保護者が管理したり、子どもが閲覧できるサイトやアプリを制限したり、歩きスマホの警告が出たりするというサービスです。

 

実はこの機能は「青少年の健全な育成に配慮した機能」として東京都に推奨されているという画期的な機能です。「全国子ども会連合会」や東京都を含む神奈川県や千葉県、埼玉県などの9都県市にも推奨されています。

 

最近は子どもが巻きこまれるネット犯罪や連れ去り事件、また年配の人の行方不明事件などが増えています。ですからこうした見守り機能があると家族の安全をサポート出来るのでとても便利です。

 

TONEモバイルで使えるスマホ端末ってどんな感じ?

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

さて便利な数々のオプションやおトクな利用料金が分かってところで、今度はTONEで使える端末の情報をご紹介したいと思います。

 

TONEモバイルでは「TONE m14」という機種や「TONE m15」という機種が販売されていますが、現時点で手に入れることができるのは「m15」です。ではこちらのスマホはどんなスペックなのか確認してみましょう。公式サイトでは「使いやすさを研究しつくしたスマホ」と紹介されていますが、まず基本的なポイントです。

 

画面の大きさは5.5インチとなっています。一昔前のスマホは4インチ前後くらいでしたらからこれはけっこう大きな画面です。年配の人にも見やすい大きさとして評価できます。また大きいだけで解像度が低いと問題ですが、m15の解像度は1,280×720ピクセルでHD画質ですから、十分綺麗な画質が楽しめます。

 

重量は165グラムと無難な数字です。片手で操作するには問題ないレベルです。使える回線ですがLTEと3G回線です。現在主流であるLTEに対応しているのは良いですね。使うOSはアンドロイド5.1です。アンドロイドは「google play」から色々なアプリをダウンロードできるOSで、その種類も実に豊富なので拡張性が高いです。

 

ゲームやお役立ちアプリ、学習アプリ、写真アプリなどいろいろな便利アプリをゲットすると楽しくなります。ただ記憶容量は16GBとそれほどたくさんないので注意しましょう。音楽やビデオ、写真などを大量に保管したい人は16GBだと足りなくなる恐れがあります。

 

 

そういう時はmicroSDカードで最大32GBまで記憶容量を増やせるのでそれを使うと便利です。

 

写真をたくさん撮る人には気になるカメラの機能ですが、アウトカメラが1,300万画素、インカメラが500万画素となっています。1,000万画素を超える画質なので、工夫しだいで美しい写真が撮れます。また1,080pという高画質での動画も撮影できるので、きれいなビデオを見たい人にも良いスペックです。

 

もう少し見てみましょう。CPUは1.3Ghz クアッドコアで、RAMは2GBとなっています。サクサク動かせるまずまずの数値と言えます。バッテリーは3,000mAhです。

 

バッテリーに関しては4,000mAhは欲しいところですが、ヘビーユーザーでなければ1日以上は十分もたせられる容量なので及第点です。BluetoothやGPS機能などはもちろん使えます。

 

最後にNFC機能についてですが、これは短い距離で端末をかざして通信できるようにする技術です。この機能によって、TONEモバイルのユニークなサービスである「置くだけサポート」が利用可能になります。

 

TONEを購入する時に端末が入っている箱にはチップが埋め込まれていますが、これはネットがつながらないなどの問題が起きた時にこの箱の中に入れると、自動的に問題を修正することができるサービスです。

 

NFCでできることはこれだけではありませんが、便利な使い方ができる機能です。他にもm15には細かい機能がいろいろあるので、使い方に慣れてきたらいろいろいじって楽しんでみると良いですね。

 

ちなみに画面デザインにおいてもm15は優れています。誰にでも見やすいように4つのホーム画面デザインが用意されています。

 

通常のandroidスタイルやTONEオリジナルホーム画面、シニア向けのシンプルな画面、そしてキッズ向けのTeenデザインです。TONEモバイルではユーザーの声を反映したスマホづくりをしているので、使いやすさが際立っていて評価できます。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


 

 

TONEモバイルのキャンペーン情報を教えて!

ここまでTONEモバイルの格安SIMサービスとスマホ端末のポイントをいくつか見てきましたが、TONEモバイルの利用をもっとおトクにするためのキャンペーン情報もお伝えしたいと思います。

 

2017年5月時点でTONEモバイルはいくつかのキャンペーンを行っています。すでにオプションサービスの項目で説明した、「IP電話かけ放題の月額料金500円キャンペーン」の他には、やはりオプションサービスで触れた「高速チケットオプション」のキャンペーンがあります。

 

通常1GBあたり300円の費用がかかりますが、新規契約者限定で高速チケット1GBがプレゼントされるというキャンペーン内容になっています。TONEモバイルの通信速度の雰囲気を味わうのにとても良いキャンペーンといえます。

 

もっとおトクなキャンペーンもあります。それは「春のおトク!」キャンペーンです。こちらは2017年の5月末までの限定キャンペーンですが、19歳以下の新規契約者、あるいは同一名義で複数台の同時契約をした場合に、基本プランの月額料金がなんと1年間も無料になるというサービスです。

 

月額料金は税込で1,080円ですから1年間無料ということは、年間で12,960円も節約できるということです。もし家族みんなでTONEのスマホデビューをする場合、19歳以下の子どもは1年間みんなタダにして、お父さんが2台契約してお母さんと使い合うというようなキャンペーンの使い方が可能になります。

 

ちなみにこの春のおトク!キャンペーンでは、端末料金を1万円引きにする選択肢もありますが、単純計算で月額料金を12,960円浮かせた方がおトクになります。TONEモバイルは前述のように家族のコミュニケーションを重視しているサービスですので、これを機に家族みんなで使い始めるとおトク感が多くといいですね。

 

ちなみにこの他にも「新規契約で基本プラン3カ月間無料キャンペーン」というものもあります。こちらは20歳以上のユーザーを対象にしていますが、1台からでも3ヶ月分税込3,240円の月額料金を浮かせられるのでおトクです。ただこのキャンペーンはさきほどの春のおトク!キャンペーンとは併用できないので気をつけましょう。

 

もう2つ他のキャンペーンもご紹介します。まずは「DVDレンタル毎月1枚無料クーポン」キャンペーンです。

 

これはTSUTAYAのスマホならではのサービスといったところですが、TSUTAYAの店舗でTONEを契約した場合、期間中(2017年6月30日まで)旧作DVDが毎月1枚無料でレンタルできるクーポンをゲットできるという内容になっています。映画好きにはうれしい特典です。

 

もう一つのキャンペーンは「紹介キャンペーン」です。TONEのサービスを他の人に紹介すると、紹介1件につき基本プランの月額料金3,000円分が無料になります。また紹介された側は、契約事務手数料3,000円(税別)が無料になるのでこちらもおいしいです。

 

ちなみにこの紹介キャンペーンは以前3件までの紹介に制限されていましたが、現在その制限がなくなりいくらでも紹介できるようになっています。つまり10人に紹介すれば30,000円分の月額料金が浮くということです。

 

大げさに言うと100人紹介なら300,000円分、つまり300カ月分の利用料金がタダになるからすごいキャンペーンです。ちなみにキャンペーンというわけではありませんが、他にもTSUTAYA関連のサービスがTONEモバイルでは利用できます。

 

それはTポイントがスマホ代金で貯まるサービスです。端末代金と月額料金に対して、Tポイントが貯まりますが、200円につき1ポイントの割合で貯まります。ふだんからTポイントを貯めているユーザーには便利なサービスです。

 

またこれはTONEモバイルと直接関係あるキャンペーンではないですが、TSUTAYAにはスマホやタブレットの買取サービスがあって、TSUTAYAアプリでクーポンをゲットすると買取価格が通常の33%もアップするキャンペーンがあります。

 

TONEモバイルの利用に伴ってこれまで使ってきたスマホなどを処分したい場合は合わせて使いたいキャンペーンです。ただこちらは2017年5月11日までのキャンペーンなので早めに申込すると良いでしょう。

 

TONEモバイルに関する参考CMってある?

 

 

さていろいろTONEモバイルの便利機能やおトクなキャンペーンやプランについて説明していますが、公式の説明動画を合わせて参照すると、TONEモバイルの魅力がさらに伝わってきますので、その動画CMをご紹介します。

 

Youtubeに載せられていTONEの公式CMですが、こちらの公式チャンネル「https://www.youtube.com/channel/UCGi513VYtqS47Y5QMNa0vVA」には現在27本の動画が載せられています。中には終了したキャンペーンのものもありますが、現在行われているキャンペーンや、TONEモバイルの使い方や便利な機能について紹介しているビデオもあり、とても分かりやすいつくりになっています。

 

特に「子どもにおすすめな機能編」というビデオと、「基本操作編」、「TONEファミリー編」「はじめてのスマホ編」「アフターケア編」「トラブル解決編」などが基本機能に通じるのにとても役立ちます。動画を通してTONEモバイルの魅力的な機能が分かれば、さらにTONEモバイルが自分や家族にとって大きな選択肢になるでしょう。

 

TONEモバイルの安心のアフターサポートとは?

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

 

最後にTONEモバイルを含めてスマホを始めて使うという人に安心なTONEモバイルのいくつかのアフターサポートについてご紹介したいと思います。スマホ初心者でありがちな悩みは、「どれをどういじったらいいのか分からない」「アプリが見つからない」「ネットがつながらない」といった問題です。

 

こう言う時、操作を教えてくれる人が近くにいたらいいのですが、いつもそうとは限りません。しかしこの点TONEモバイルには便利なサポート体制が整っています。

 

まず「遠隔サポート」サービスです。これはまるでオペレーターが隣で操作を教えてくれるかのように、リモートコントロール機能を使ってスマホを本人に代わって操作してくれるサービスです。

 

自分で動かさなくても画面が変わっていき、それに合わせて使い方が説明されるので、言葉だけで伝わりにくく分かりにくいという事が起きません。さらに家族同士でスマホを遠隔操作する機能もあるので、気兼ねなく手助けをしてもらえます。

 

さらにTONEでは無料のスマホ教室も随時開催しているので、基本的な操作方法がいろいろ学べるという大きなメリットがあります。遠隔サポートで困った時に他の人に助けてもらうのも便利ですが、やはり自分でもそれなりに使いこなせるようになりたいものですから、こうした講座の開催はとても役立ちますね。

 

開催日時などについては「050-7300-6773(受付時間:10:00〜19:00)」に電話して詳しい情報を尋ねてみましょう。開催場所はこちらのページ「http://tone.ne.jp/store/school/」で確認できます。

 

またもしすぐに対面サポートを受けたいということであれば、TONE取り扱いのTSUTAYA店舗で無料のサポートを受けることもできます。最寄りのTSUTAYAであればスマホ教室の開催を待たなくてもいいというメリットがあります。

 

取り扱い店舗の情報はこちらのサイト「http://tone.ne.jp/store/school/」から参照できます。店舗で申込をする場合は、実際に使うことになるスマホ端末を触りながらいろいろ確かめられるのでとてもリアルで便利です。

 

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


TONEモバイルの口コミはどんな感じ?

TSUTAYAのスマホ、TONEモバイルは今話題の格安SIMサービスですが、実際の利用者の評価が気になりますよね?ここでは、実際にTONEモバイルを利用したユーザーの生の口コミ評価について解説していきます。

 

TONEモバイルは満足度が高いの?

TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?

TONEモバイルは色々な街でレンタルサービスを展開しているおなじみTSUTAYAの格安SIMサービスです。なじみがある店なのでなかなか安心感が高いサービスですが、実際のところ満足度はどれくらいでしょうか?

 

公式サイトによると、2017年2月時点での購入者アンケートでは満足度が87%でした。99%とか98%だと少しあやしい気がしますが、87%という微妙に落ちどころが信頼感があっていいですね。

 

「TONEを周りにもオススメしたい」という人は83%、「はじめてのスマホとしてTONEを選んだ」という人は60%でした。いずれにしても高い数値でTONEモバイルが支持されているのが分かります。

 

 

ではユーザーの具体的な口コミを見てみましょう。ある10代の男の子はTONEを買ってLINEが自由に使えるようになった事に満足を感じています。「いつでも僕のいる場所が分かるし、伝言機能もあるし、お母さんとお父さんは『安心してスマホを持たせられる』と言ってやっとスマホを買ってくれました。 やっとLINEが使えるから嬉しくて、友達とスタンプを送り合うのが楽しみです!」とコメントしていて、居場所の検索機能が親御さんにとって大きなポイントとなっていると感じています。

 

60代のあるユーザーは「『今さらスマホなんて使いこなせない』そう思っていました。 最近友人が買った TONE のスマホを見せてもらい、画面のシンプルさと安さにとても驚きました。 これなら自分で使えるかもしれないと思い、勇気を出して契約をしました。購入して1ヶ月が経ちますが、60を過ぎた自分でもスマホを使えることに驚いています。 友人に教えてもらいながらスマホ生活を楽しんでいます。』」と言っています。

 

TONEはスマホから簡単にコールセンターに電話をして遠隔操作もしてもらえますし、端末送付時の箱に入れてトラブルシューティングが出来るのでサポート体制が万全なのも評価されているようです。

 

公式サイト外の口コミ

公式サイトの口コミでは良いコメントがあるのは当然なので、今度は一般の口コミを見てみましょう。ある女性ユーザーは「たまたまネットで見つけて知った格安スマホでしたが、画面操作も簡単で月々の料金も安く助かっています。今まで大手キャリアのスマホを5年程契約してきましたが、通信費にかかる負担が一気に楽になりました。家計に優しいスマホです。(引用元:https://kakuyasu-smart.com/archives/detail/tone)」と話しています。

 

また他の男性ユーザーは「通話がラインのようにちょっと遅れがあり、その辺は少し残念です。また、通信速度が遅く、ゲームなどを行うには厳しいので、ほぼグーグルマップとライン専用機みたいになっています。欠点は多いですが、例えばゲームは別のタブレットでプレイするなど割り切ることができる人なら、この料金でスマホが持てるというのは素晴らしいと思います。(引用元:https://kakuyasu-smart.com/archives/detail/tone)」と言っています。

 

動画を見る時などの通信速度は若干気になるものの、ふつうのWEBページ閲覧やメールなどは問題なく行えると感じているユーザーも少なくないので、総合的に上々なサービスと言えそうです。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


TONEモバイルの口コミとメリット!トーン利用者の評判・評価は?
更新履歴